富山情報ビジネス専門学校

【内定報告2021】富山県立中央病院より診療情報管理士専攻から2名が内定を頂きました!

【内定報告2021】富山県立中央病院より診療情報管理士専攻から2名が内定を頂きました!

富山県立中央病院より診療情報管理士専攻から2名が内定を頂きました!

 

夢をかなえた二人がインタビューに答えてくれました。

 

富山情報ビジネス専門学校は夢を叶えられる場所ですよ★

 

専攻:診療情報管理士研究科 氏名:三浦 祈莉さん(写真左)

出身校:富山県立高岡西高等学校 

内定先:富山県立中央病院 職業:診療情報管理士 

 

診療情報管理士を目指した理由

私は1.2年の医療機関実習でやりがいを感じたと同時に、さらに専門知識を身に付け、医療機関の核になれる仕事がしたいと考え、診療情報管理士を目指しました。

 

就職活動で苦労したことや不安だったこととその解決方法

私は診療情報管理士研究科に入学した時から富山県立中央病院に就職したいという思いがありました。しかし自分がここで働いていけるのかとても不安になり採用試験を受けようか迷い先生に相談したところ、先輩方も上手くやっているしできるよ!と声をかけて頂いたので頑張ってみようと決意しました。不安なことは先生になんでも相談するのが1番いい解決方法だと思います。

 

Bitの魅力や学校に来て成長できたと感じること

この学校に入学して実習後の報告会などを通して、人前で話すことや、プレゼンテーションをする力が身についたと感じています。入学する前までは人前に立って話すことがとても苦手でした。専門学校を受験する際のプレゼンテーション入試で「自分の苦手なことにチャレンジし、この学校でいろんなことに取り組もう。」という気持ちを持ち頑張ってきました。

 

後輩へのメッセージ

私はこの3年間常に目標をたてて達成するために頑張ってきました。おかげで医科歯科調剤介護クラークのすべての試験に合格し、診療情報管理士研究科に進めました。目標があればクラスのみんなと協力しあって達成した時とても嬉しいと思います。就職活動でも自分の就職したいところに必ず合格するという目標を持って採用試験に望むことが大事だと身をもって感じました。資格試験や就職活動で壁にぶつかることもあると思いますが、将来の自分のためにやっていると思って1日1日を大切にして頑張って下さい。

 

専攻:診療情報管理士研究科  氏名: 高橋 綾さん(写真右)

出身校:富山西高等学校 

内定先:富山県立中央病院  職業:診療情報管理士  

 

診療情報管理士を目指した理由

高校生の頃にBitのオープンキャンパスで、県立中央病院で活躍されておられる卒業生のお話を聞き、「私も県立中央病院で働いて、富山県の医療に貢献したい!」と当時から憧れを抱いていました。そのため、合格の文字を見たときは本当に嬉しかったです。

 

就職活動で苦労したことや不安だったこととその解決方法

面接練習では、先生方にアドバイスをしていただき、1つ一つの質問に対して何を聞かれても答えられるよう深掘りしました。所作の練習はあまりできなかったのですが、秘書の授業で身に着けていたため、発揮することができました。本番では、緊張してしまい、言葉をスラスラとうまく話すことができませんでしたが、しっかり想いを伝えることはできたかと思います。

 

Bitの魅力や学校に来て成長できたと感じること

Bitの魅力は先生に質問しやすいことです。授業終わりに先生のもとへ生徒の行列ができるほどで、疑問点はそのままにせず、すぐ解決することができました。

自分が成長したと感じたのは、患者としてクリニックや薬局を利用した際に、明細書の内容が理解できた時です。

 

 

後輩へのメッセージ

早いうちから、働きたい病院を見つけておくことや、病院の求人を常にチェックしてすぐ動けるようにしておくことが大切だと思います。自分が将来どんな人材になりたいか、どんな生活を送りたいか卒業後の自分をイメージすることで志望先を決めて、いち早く就職活動を開始することが、夢をかなえる鍵になると思います。

【情報システム学科プログラミング専攻】就職内定者インタビュー

【情報システム学科プログラミング専攻】就職内定者インタビュー

★Bitに来て成長したと感じること、学んだこと★
  
アルゴリズムのような情報技術の必須知識からクラスメイトとのコミュニケーションを通して表現力を鍛えるという一風変わった授業など、様々な科目を通して、情報技術者としてだけでなく社会人として必要なことをたくさん学ばせていただきました。
授業についても就職活動についても、分からないことがあれば親身になってくれる先生方の存在はBitならではの魅力だと思います。 
 
★就職活動で苦労したことや不安だったこととその解決方法★

就職活動という初めての体験。まず何から取り掛かればよいのか、先の見えない状況に不安でいっぱいでした。
それを払拭するために取った手段は、とにかく「すぐに調べる」ということです。
先生方に自分の取るべき行動を一緒に考えてもらう、気になる企業の名前を片っ端から検索して評価を探す、クラスメイトと情報を共有する。
人に頼ることも含めて「調べる」ということは安心につながりました。
 

★ 後輩へのメッセージ★

 大事なのは日々の学習の積み重ねです。例えば適性試験で惑わないように思考力を鍛える、履歴書に書ける資格を取得することなどが大事です。就職活動には、気負わずに自分が積み上げてきたものを見せつける気持ちでリラックスして臨んでください。スケジュールをしっかりと立てることで就職活動を確実に進め、休憩も確実にとりましょう。応援しています!

【診療情報管理士研究科】就職内定者レポート♩

【診療情報管理士研究科】就職内定者レポート♩

写真左)関澤 佳奈さん(富山県立石動高校):高岡市民病院 
写真右)笠嶋 千暖さん(富山県立氷見高校):富山県済生会富山病院 


★関沢さんコメント★
医療事務学科・診療情報管理士研究科で学んでいるうちに「癌」に興味を持つようになり、癌医療に力を入れている高岡市民病院を志望しました。チャンスがあるなら総合病院で勤務したいと思っていたので、内定をいただくことができて本当に良かったです。面接練習が思ったよりも大変で、質問に対して的確に答えられるよう、何度も先生と練習を重ねました。先生のサポートはとても大きかったです。

★笠島さんコメント★
多くの業務に携わりたいと思っていたので総合病院への就職を目指していました。Bitでは多くの資格を取得することができたし、授業での発表の機会を通してコミュニケーション能力も高めることができました。その結果が総合病院への内定に繋がったと思っています。
周りの方々に信頼され、地元に貢献できる医療従事者になりたいと思います。


★2人から後輩へのメッセージ★
今年は新型コロナウイルスで、就職活動にも影響がありました。いつどんなことが起きるのかわからないので、とにかく早めに対策をとって面接練習をしたほうが良いです。
そしてたくさんの病院を見比べて、自分にあった病院を探してチャレンジして欲しいと思います。