富山情報ビジネス専門学校

【モバイルビジネス学科1年】射水まるごと応援テレビ いま★テレ【みなさん お元気ですか?】に出演!

【モバイルビジネス学科1年】射水まるごと応援テレビ いま★テレ【みなさん お元気ですか?】に出演!

モバイルビジネス学科1年生は射水市観光協会連携事業
「内川を中心とした射水市ベイエリアの観光PR」に取り組んでいます。

今回、この射水観光PR活動が射水ケーブルテレビの方の目に留まり、

射水まるごと応援テレビ いま★テレ【みなさん お元気ですか?】” 出演が実現!

本日、リモート取材を受けました。
専攻担当の向谷内先生も出演しています。

【モバイルビジネス専攻1年】SNSのすごさを実感!射水ケーブルテレビ『いま☆テレ』に出演します。

【モバイルビジネス専攻1年】SNSのすごさを実感!射水ケーブルテレビ『いま☆テレ』に出演します。

モバイルビジネス学科1年生は射水市観光協会連携事業
「内川を中心とした射水市ベイエリアの観光PR」に取り組んでいます。


この事業を始めて半年。
早速SNS効果が!!!

今回、射水ケーブルテレビの方に当校の射水PR活動(Instagram)の活動が目に留まり、出演が実現しました。


自分の頭の中のイメージを写真やコトバで表現し、それを多くの人に見たり聞いたりしてもらえることは、クリエイターには嬉しいものですし、
「見ました!」「よかったです!」そして、今回のように「ぜひ取材をさせてほしい!」などダイレクトな反響があると、達成感がわき、クリエイターのやりがいになります。

こういう自分の感性で仕事ができる...
そして、クリエイターになるために2年間の学びの中で、クリエイターの仕事のリアルを体験できること。

それが
【Webクリエイター専攻】の魅力です。


収録は9月3日(金)
放送日は、3日当日の様子と併せ、後日お知らせいたします。



(モバイルビジネス学科は、2022年4月にクリエイター@ビジネスの専門領域を発展させて『Webクリエイター専攻』として生まれ変わります。)

【モバイルビジネス専攻1、2年合同】『うみぽす2021』参加にむけて

【モバイルビジネス専攻1、2年合同】『うみぽす2021』参加にむけて

『うみぽす』とは?
 

今年で7年目となる「うみぽす」
これは、海の観光を応援する全員参加型の地方創生プロジェクトで、“地元の海をスター☆にしよう”という、海のPRコンテスト。


この「うみぽす」に、毎年モバイルビジネス専攻の1、2年生が作品を出品しています。

【ゲームクリエイター専攻1年】『つくるUOZUゲームクリエイト体験教室』ボランティアスタッフとして参加しました。

【ゲームクリエイター専攻1年】『つくるUOZUゲームクリエイト体験教室』ボランティアスタッフとして参加しました。

魚津市へのゲーム関連企業の誘致やクリエイター育成を目指す「つくるUOZUプロジェクト」の一環として開催された、今回の『つくるUOZUゲームクリエイト体験教室』


この体験教室に、富山情報ビジネス専門学校の
ゲームクリエイター専攻の1年生4名がボランティアスタッフとして参加しました。

 

【モバイルビジネス学科(1年生)】SNSを活用して、地元 射水市のファンづくり

【モバイルビジネス学科(1年生)】SNSを活用して、地元 射水市のファンづくり

モバイルビジネス学科の射水市観光協会連携事業
今年のテーマは「内川を中心とした射水市ベイエリアの観光PR」

前回 の授業のつづき...
前々回 の授業のつづき...

前期最後の授業。これまでの授業を振り返り、予定どおり進んでいるチームは今後の予定を、また、予定より少し遅れているチームは、遅れをとり戻すために、この夏休み期間、5W2H…TO Doリスト(いつまでに、何を...の自分たちの「やること」)を話し合い、先生に報告しました。
 

【モバイルビジネス専攻&インターナショナルビジネス専攻】異文化コミュニケーション

【モバイルビジネス専攻&インターナショナルビジネス専攻】異文化コミュニケーション

7月5日(月)に モバイルビジネス専攻インターナショナルビジネス専攻 合同で『 異文化コミュニケーション 』授業をおこないました。

インターナショナルビジネス専攻の学生の国籍は
ベトナム、ミャンマー、スリランカ、バングラディッシュ、中国とさまざま。

日本と合わせ6か国による合同授業。
言語、文化的背景の異なる学生たちが2グループに分かれ
「国ごとの行事と食事の関係」「学生の生活の違い」のテーマで話し合いました。

【モバイルビジネス学科(2年生)】 SNSを活用して ”地域の魅力を伝える” 地域連携活動 現地調査

【モバイルビジネス学科(2年生)】 SNSを活用して ”地域の魅力を伝える” 地域連携活動 現地調査

5月27日(木)モバイルビジネス学科 2年生の校外授業。

これは、庄川・井波との地域連携活動としてSNSを使っての地域活性化が目的で
昨年の「SNSを活用した庄川観光資源のPR」と「魅力を伝える動画制作」に引き続き、今年はSNSを使って「地域の魅力を伝える」をテーマに活動を進めています。


地元にもっと人を呼び込むために
どのような対象物を、街を、人を...どのような発信ツールを使って、
どのように伝えるか?
コンテンツの企画では、特に、制作前の現地調査は大切!
学生それぞれが現地で確認する課題を持って授業に参加しました。


「地域の魅力を伝える」
自分たちの  ”伝えたい” と相手の ”知りたい” をつなげる...
企画の詳細は決定していませんが、これまでとは違った効果を狙う活動をしよう!と
引き続き、授業では現地調査や地元の人しか知らない魅力等をヒアリングを行いながら、今後の活動計画を組み立て「地域の魅力を伝える」活動を進めていきます。


机に向かっての授業も必要だけれど、
やっぱり、自分たちの力を試したい!ですよね。
富山情報ビジネス専門学校では、地域連携活動を通して
学修成果の可視化、チームで仕事をすることなど
仕事のリアルを経験できます。



富山情報ビジネス専門学校を見たい!知りたい!体験したい!
オープンキャンパスのスケジュールは →
こちら

60minオープンキャンパス(個別説明会・予約制)も開催しております。 
詳細・お申込みは → こちら

【医薬品登録販売者専攻】有償インターンシップ実施に向けて
現場担当者の話を聞く!

【医薬品登録販売者専攻】有償インターンシップ実施に向けて 現場担当者の話を聞く!

当校では今年度から新たに「医薬品登録販売者専攻」が開設され、
4月から授業がスタートしています。

登録販売者試験の合格に向けて、
くすりの作用や身体のしくみについてクラスメイトで教え合い、仲良く勉強しています。

専門知識はもちろんのこと、何よりこの専攻の特徴は「有償インターンシップ」です。

9月からの半年間は「午前:授業 午後:実習」のスケジュールでインターンシップを行います。
(※リアルを学べる魅力あるプログラム、詳しくはオープンキャンパスで!)

本日はインターンシップに向けて、株式会社クスリのアオキ 採用担当の田村様にお越しいただき
登録販売者の仕事、実習の心構えについてご説明いただきました。

入学当初は、これから自分たちが行う実習のイメージがついていませんでしたが、
日々の授業や今回の説明を聞いたことで学生たちは更に具体的に考えることができたようです。
また、登録販売者のニーズが高まってきている点や待遇の良さを聞き、
「登録販売者」の仕事の魅力が大きくなり、勉強意欲が高まったようです。

【ホテル・ブライダル学科】オープンキャンパスでおもてなし☆パフォーマンス

【ホテル・ブライダル学科】オープンキャンパスでおもてなし☆パフォーマンス

5月15日(土)のオープンキャンパス。

ホテル・ブライダル学科の学生が
日頃の学びの成果を☆WELCOME☆披露しました。

みんなにとって大切なお客様。
バーテンダー、サービス...それぞれ自分の役割を仕事として体験しました。

富山情報ビジネス専門学校では
今回のホテル・ブライダル学科以外にも
IT、医療(ホスピタル)のように、
学びの成果を試せる機会がたくさんあります。

【モバイルビジネス学科】 射水市を「知ってもらい」→「来てもらう」につなげるリアル教育

【モバイルビジネス学科】 射水市を「知ってもらい」→「来てもらう」につなげるリアル教育

今年で4年目となる
モバイルビジネス学科の射水市観光協会連携事業
今年のテーマは「内川を中心とした射水市ベイエリアの観光PR」

これまでWEB・デザイン・動画制作や
身のまわりにあるデジタルマーケティング等を学んできた
モバイルビジネス学科の学生たちが
身についた力を実社会で活かせる機会。

テーマ「内川を中心とした射水市ベイエリアを
『知ってもらい』→『来てもらう』につなげる」にはどうすれればいいか...

歩いてみることで見えてくるものがある...
この日は各チームに分かれて
内川エリアや海王丸パーク~新湊大橋、あいの風プロムナードを歩いて渡ったり...等
現地を見てきました。

学生たちにとっても
自分たちが通う射水市の魅力を知ることができるチャンス。

学生たちのこれからが楽しみです。

(モバイルビジネス学科は、2022年4月にクリエイター@ビジネスの専門領域を発展させて
『Webクリエイター専攻』として生まれ変わります。)

【ゲームクリエイター専攻】つくる魚津UOZUプロジェクト参加

【ゲームクリエイター専攻】つくる魚津UOZUプロジェクト参加

11月28日(土)につくるUOZUプロジェクトのイベントとして開催された、キッズプログラミング体験教室に、ゲームクリエイター専攻の学生がスタッフとして参加しました。

イベントでは小学生に「Scratch(スクラッチ)」というオンラインプログラミングエディターを使った簡単なゲームの作り方を教えました。魚津市のマスコットキャラクターミラたんを動かして、落ちてくる食べ物を拾うゲームを作成しました。
当日は、魚津と東京をWeb会議システムで繋ぎ、ゲーム制作会社「株式会社トイディア様(東京都)」と遠隔で実施しました。
 

診療情報管理士研究科への進学説明会を実施しました

診療情報管理士研究科への進学説明会を実施しました

2020年9月19日(土)医療事務専攻2年生に向けて、診療情報管理士研究科への進学説明会を実施いたしました。

当校医療事務専攻の特徴である、「診療情報管理士への道」
医療事務2年+診療情報1年を経験することで総合病院への就職やより高度な知識・スキルを習得することが出来ます。

そこで、現在進路選択の時期に入ろうとしている医療事務2年生の保護者を対象に説明会を開催いたしました。
診療情報管理士とは?進学すると何がよいのか?どのような就職先があるのか?などを詳しく説明させていただきました。

また、当校の卒業生であり、現在は富山県立中央病院で診療情報管理士として働いている高橋麻衣さんにお越しいただきました。
在学中の話や実際に診療情報管理士の仕事はどのようなことをしているかを説明いただきました。

「最初は不安だったが進学してよかった」「切磋琢磨できる友達がいたから頑張れた」
やはり当事者の話は説得力があります!