富山情報ビジネス専門学校

子どもたちを対象に『 夏休み職業体験講座 』を開催しました。

ロボットを動かしてみよう

富山情報ビジネス専門学校が参画している全国専修学校各種学校連合会は、専修学校制度が制定された日にちなみ7月11日を「職業教育の日」として、これからの将来を担っていく子どもたちの職業教育活動を応援するべく、様々な活動を行っています。
 

富山情報ビジネス専門学校では、当校の専攻から
①ロボットを動かしてみよう
②ゲームプログラミング体験
③ウェディングプランナー体験
④YouTubeライブ配信&原稿読み体験
⑤Bit病院でお医者さん&患者さん体験をしてみよう 

の「職業を知ることができる」5つの体験講座を開講し、その仕事に興味のある子どもたちがお仕事体験をしました。

YouTubeライブ配信&原稿読み体験

自分のやりたいこと、興味...には、強い気持ちや意欲が働きます。

今日、参加した子どもたち。
とてもキラキラした表情で終始、自らの手とココロを奮い起して仕事をしていました。

また、この講座の先生は「学生」

自分がこれまで学んできたことを確認するという意味も含めて、子どもたちに伝わる言葉で、動きで、仕事の流れを説明、子供たちをサポートしてくれていました。

Bit病院でお医者さん&患者さんを体験してみよう!

『誰かのために仕事をする』という経験ができることも
富山情報ビジネス専門学校の強み。

ひとつのことをチームで、成功(子供たちの満足、達成感等)に導くためにいろいろ話をして準備して...相手の様子をみながら声をかけたり、手をかけてあげながら、最終的に子供たちを笑顔にするという成果につなげることができました。


今日の経験が、またひとつ学生たちの自信とこれから学ぶ意欲につながり、さらに
「誰かのために」とか「人の役にたてる」仕事の喜びを見出すことができたのではないでしょうか。

参加してくださったみなさん、そして、学生のみなさん!
ありがとうございました。