ホーム » 学科・コース » インターネットビジネス学科

インターネットビジネス学科

インターネットビジネス学科

「Webコース」と「システム運用コース」の違いって?

Webクリエイターとシステム運用技術者の場合

たとえば電車を正確に走らせるために必要なのは、
電車の運行ルート考える人管理する人

インターネットビジネス学科 Webコース

▲クリックすると拡大します

インターネットビジネス学科 システム運用コース

▲クリックすると拡大します

学科紹介

Webコース

Web技術の育成とIT系資格の取得で
ビジネススペシャリストを育成します。

実践的なIT活用力と社会人としての基礎力を身につけることができます。パソコン、ソフトウエアの操作スキル、Web作成に関する専門知識やスキルなどを取得。ITパスポートやWebクリエイター等の資格取得がねらえるのも、インターネットビジネス学科Webコースならではです。また、仕事の現場をリアルに再現した授業で、ビジネスのスペシャリストを育成します。

システム運用コース

時代が求めるハイレベルな
システム運用技術者を育成します。

システム運用技術者とは、システムのメンテナンスや監視、運用上のトラブル対処を行う仕事です。また、ネットワークやサーバーシステムなど、構築されたシステムが安定稼働できるように維持管理する役割を担います。人間力の育成を行いながら、最新の実習環境で実務に近い知識とスキルを習得します。また、ITIL Foundation (ファンデーション)やITパスポートなどのIT系の資格にも複数挑戦できます。

Webコース

学びのポイント

専門的な知識とスキル、人間力を高めます。

専門的な知識とスキル、
人間力を高めます。

今や、Webで情報を提供し、情報を得ることが当たり前の時代。Webコースでは、Webに関する知識と実践スキルを身につけることができます。また、一般企業で必要とされる各種ソフトウェアの活用を目的としたスキルの取得やコミュニケーション能力の育成にも努めています。

IT系のハイレベルな資格を取得。

IT系のハイレベルな資格を取得。

ITパスポート試験、Webクリエーター能力認定試験、情報検定(J検)等、IT系企業に就職する上で「ぜひ取りたい!」資格を取得できます。

プロが使う専門ソフト
「Dreamweaver」を学びます。

「Dreamweaver」はプロのデザイナーが使用する高度な機能を豊富に備えたソフトです。デザイン性に優れたホームページを作成することができますが、HTMLなどの専門知識が必要となります。

IT系のハイレベルな資格を取得。

学生による「Web Lab」で
ビジネスモデルを体験する。

学生有志によるWeb制作チームで行う実習です。クライアントとの打ち合わせを何度も行い、その内容に沿ってWebを制作していきます。作業内容はWebページのデザインからコンテンツの管理など多岐に渡ります。これまで、「NPO法人健康麻将越中ひばり会」や「富山カクテルの日実行委員会」のWeb制作をし、Web更新、管理を行っています。

システム運用コース

学びのポイント

現場の臨場感を疑似体験できる実習環境。

現場の臨場感を
疑似体験できる実習環境。

企業と共同開発した最新の実習室SOR(システム・オペレーション・ルーム)で、企業のデータセンターをイメージしながら学習できます。

ハイレベルな資格を数多く取得できる。

ハイレベルな資格を数多く取得できる。

国家資格「ITパスポート」、国際資格「ITIL Foundation」をはじめ、IT系の資格について複数挑戦し、取得することができます。

時代が求める、 優れたシステム運用技術者を育成。

システム運用コースでは、システム運用を基幹業務とする企業と連携して共同開発したカリキュラムを使用しています。また、ITシステムの監視・維持管理・障害復旧業務をシュミレーションできる環境を整備。実務に近い知識と技術を習得することができます。

県内IT企業と学生との情報交換会を開催。

県内IT企業と学生との情報交換会を開催。

IT企業の就職活動は他の業界よりも早期からスタートしているため、早い段階で業界・企業を知ることが必要となります。就職活動では幅広い視野を持ちつつ、しっかりと一つひとつの会社と向き合っていくことが重要です。情報交換会においては、業界のお話から、何をしている会社であるのか、また、そこで働いている社員がどのような仕事をしているのか等をわかりやすくご説明をいただきました。

IT関連企業によるビジネス展示会「e-messe kanazawa2015」に、Webコース、システム運用コースの両コースで参加。

IT関連企業によるビジネス展示会「e-messe kanazawa2015」に、
Webコース、システム運用コースの両コースで参加。

「e-messe kanazawa2015」は、IT関連企業によるIT利活用の促進、新たなビジネス提案、新製品展示を通して、地域の情報化推進に寄与する事を目的として開催。約5万人が参加する日本海側で最大の展示会です。最新技術や情報、製品の集まるフェアを見学することで、毎年発展・進化する業界理解と、IT業界で働くために必要なコミュニケーション力の必要性を知ると共に、IT業界で働く学生の意欲向上を目的としています。最先端の技術を持つ企業ブースが立ち並ぶ中、興味のある企業の製品について担当の方から熱心に話を聞く姿が見られました。

ディプロマポリシー

1. 専門知識
  1. コンピュータの基本的な知識と操作を理解している
  2. オフィスソフトウエア全般の基礎技術を習得している
  3. セキュリティに関する基礎知識を習得している
  4. Web制作関連ソフトウエア利用の基礎技術を習得している
  5. グループで制作開発するプロジェクトを経験している
  6. システムトラブル対応の基本的な知識を理解し、実践技術を習得している
  7. ヘルプディスクの基本的知識を理解し、実践技術を習得している
  8. 目的に合わせて、学んでいるソフトウエア技術を活用できる
2. 意欲
  1. 様々な取組みにおいて、自主的に考え取り組むことができる
  2. 検定取得に臨む高い意識を持ち取り組むことができる
  3. グループワークにおいて積極的に活動することができる
3. コミュニケーション能力
  1. 相手の話を聞き、的確に受け答えができる
  2. 状況に応じた話し方や態度をとることができる
  3. 自ら考え、自主的に行動することができる

在校生の声

林 隆太 さん

Webコース
(高等学校卒業程度認定)

周囲から頼られるWebクリエイターになりたい。

パソコンについて詳しくなりたいと思い、オープンキャンパスに参加。先生や先輩方に画像加工やホームページ作成などを教わり、とても楽しくて、この学校に決めました。また、多彩な資格が取得できるのもBitを選んだ理由です。授業では、知識や技術が未熟でも先生方が丁寧に教えてくれたり、グループディスカッションを行ったりして、わからないこともしっかり解決できるので安心です。

在校生写真

金岡 聖人 さん

システム運用コース
(不二越工業高等学校出身)

みんなに必要とされるシステムオペレーターをめざす。

自分のキャリアアップのため進学を考えました。オープンキャンパスに参加した際、学校の雰囲気や設備がよく、Bitに決めました。同級生との年齢差が不安でしたが、入学してすぐの自己紹介や新入生歓迎会で解消されました。将来はシステムオペレーターからシステム監査人へのステップアップを考えています。より高度な資格取得をめざして頑張っています。

在校生写真


© 2013 Bit All Rights Reserved.