ホーム » 学科トピックス » ホテル・ブライダル学科 » 【内定報告】ホテル・ブライダル学科 ヴィラグランディス ウエディングリゾート富山 様

学科トピックス

【内定報告】ホテル・ブライダル学科 ヴィラグランディス ウエディングリゾート富山 様

2018.10.04

藤根さん画像.jpg

【内定報告】  ヴィラグランディス ウエディングリゾート富山 
ホテル・ブライダル学科 藤根 万里那さん(富山県立 雄山高等学校出身)

 

 

1,       Bitに入学したきっかけは?

ブライダルの専門的な知識や技術を、富山で学べると思いこれだと思って入学しました。また1クラスの人数が少ないので、一人一人に行き届いた指導を受けることができると思いました。ホテル・ブライダル学科の先生方や先輩方が温かく、親身になって将来について相談してくださったことも入学の決め手となりました。

 

2,       Bitで成長できたことはなんですか?

フィリピン留学を通して、英語の語学力や忍耐力がついたことです。スーパーや生活全て、フィリピンは英語社会でした。ホテルでのインターンシップも英語での対応でしたし、お客様に英語で話しかけられてどうして良いかわかりませんでした。私は英語に自信がなかったので、毎日英語で提出するレポートも辛かったです。

 しかしそんな辛いことがあっても仲間に助けてもらったり、助けたりしながら目標を達成して、ルームメイトが作ってくれた食事などを楽しみにしたりすることで、乗り越えることができました。

     その経験を経て今では日常の英会話は話せますし、富山駅で困っている外国の方がいれば対応できます。それとフィリピンでは日常の英会話を身につけるために、たくさんの友人を作り今でもLINESNS等で交流をしており、先日も私の誕生日を祝ってもらいました。

    

3,       内定先を志望した理由は?

 ヴィラグランディスウエディングリゾート富山で働いていらっしゃる先輩方のお話では、働きやすい環境であることやお互いを高め合うチームワークがあるとお聞きしたからです。また、勤務されている先輩方も誇りを持ってお仕事されている部分にも魅力を感じました。

    

4,       就活で大変だったことは?

一番たいへんだったのは面接練習でした。自分の伝えたいことを簡潔に解りやすく相手に適切な言葉で話すことができず、自分を見つめ直すことからのスタートでした。次第に自分の想いが整理されていき、今まで自分が学んできたことや行ってきたことが線でつながったように理解できました。そして就職先に向けての自分の意志を強く確認することができました。

 

5,       これからの藤根さんの未来像を、教えていただけますか?

 私の未来像は、私が担当した新郎新婦様が、いつまでも私の所に遊びに来てくださり、友人のように親しみを持っていただけるようなウエディングプランナーに成ることです。また、職場環境をより良くできる、コミュニケーション力の高いプランナーになることです。お客様にとってより良いサービスを考え、皆で実現できる職場の一員でありたいです。

 

6,       後輩へのメッセージ

 ホテル・ブライダル学科では本当に良い友人たちに出会えました、これが一番この学校に来てよかったことです。今までは自分の意志を伝えるのが苦手でしたが、それを克服することができました。就活は大変だと思いますが、自分を信じ自分の夢に向かって頑張ってください。

 

 

© 2013 Bit All Rights Reserved.