ホーム » 学科トピックス » 内定報告 » 【内定報告】診療情報管理士専攻学科 富山県立中央病院

学科トピックス

【内定報告】診療情報管理士専攻学科 富山県立中央病院

2017.12.15


県立中央病院.pngのサムネール画像

診療情報管理士専攻学科

市川 綾香 (富山県立富山商業高等学校出身)

 

Bitを入学したきっかけは?>

元々、医療関係の仕事に就きたいと思っていました。高校生の時にBitのオープンキャンパスに参加しました。沢山の資格が取得でき、先生と生徒の距離感が近く楽しい学校生活が過ごせると思い入学を決めました。

 

Bitで自分が成長できたと感じたことは>

計画性と伝える力が成長しました。

授業ではプレゼン発表など自分が学んだことを伝える機会が多数ありました。そのための準備や練習などは全て自分で計画し行動に移して行きました。高校の時までは先生に言われたことだけをしていましたがBitに入学して自分で考え、自分で行動する力が備わりました。Bitでは高校までと違い、計画性やプレゼン力が高められる環境が整っていました。

 

<内定先を受験した理由は>

診療情報管理士専攻科に進むからには総合病院で働きたいと考えていました。

そこで富山県の代表である県立中央病院に憧れを抱くと共に、公務員として安定した生活が出来ると思い受験しました。

実際の受験は不安で不安で仕方なかったです。

中学、高校とあまり勉強をしなかった分、教養試験よりも、専門試験と面接に全てをかけようと挑みました。分からない所が多くあったのですが、諦めず空欄は確実に埋めていきました。

面接では第一印象が大事だと、秘書検定の授業で聞いていたので笑顔で、はきはきと話すことを心掛けました。

 

<内定をいただいた時の気持ちは?>

入職したい思いは強かったものの、試験後は自信がなく半分諦めていました。

だからこそ、通知が届き合格の2文字が目に見えた時は、とにかく嬉しかったです。

 

<今後の抱負をお聞かせください>

診療情報管理士の資格を取得することが1番の目標です。

そして合格し診療情報管理士として働く事が出来た時には、周りから信頼される人材を目指して働きたいです。病院と患者様との情報を取り扱う立場として責任感を持って頑張ります。

 

<後輩へ一言お願い致します>

自分にはレベルが高いとか、自分より頭の良い友達が受けるからとか、そんな理由で行きたい会社、企業を諦めることは絶対にしないで欲しいです。まずはチャレンジをして、自分の持てる力を精一杯に発揮してください。

悩みがあれば友達や先生、家族に相談して一人で抱え込まないで自信を持って頑張ってください。

© 2013 Bit All Rights Reserved.