ホーム » 学科トピックス » 授業紹介 » 【インターナショナルビジネス学科】ゼンショーホールディングスとの企業連携授業を実施しました

学科トピックス

【インターナショナルビジネス学科】ゼンショーホールディングスとの企業連携授業を実施しました

2017.12.09

10月30日(月)、11月27日(月)の2日間にわたり、インターナショナルビジネス1年生がゼンショーホールディングスとの連携授業を実施しました。

ゼンショーホールディングスは、すき家、はま寿司をはじめとする日本の外食産業をリードする最大手企業です。産学連携の一環として「店舗運営に関する授業」を行ないました。

 

IMG_7252.JPG

 

外食産業における現場での働き方や店舗運営に関する授業で、普段の勉強とは違い実践的な授業に、学生たちも最初は緊張した様子でしたが、出された課題をグループで解決しようとする姿が印象的でした。
外食産業でアルバイトしている留学生が多く、最初は授業を受けなくてもわかると思っていたようでしたが、店舗運営の側から考えてみると難しい課題が多く、今までの働き方を見つめ直させられる授業となったようです。立場の違いによって考えることが違うということを学べたのではないかと思います。

 

IMG_7256.JPG

 

日頃、日本語や異文化に関する学習する機会が多いですが、今回は企業が考えていることを学ぶ授業ということで、将来活躍できるビジネスマンになるヒントを沢山得られたのではないかと思います。
富山情報ビジネス専門学校では、このような実践的な授業の機会を更に増やし、日本で活躍する留学生を多く輩出していきます。

 

 

富山情報ビジネス専門学校
資料請求はこちら


また、
個別相談会・学校説明会は随時行なっています。
ぜひ、ご参加ください。

⇒お申込みはこちら


© 2013 Bit All Rights Reserved.