ホーム » 学科トピックス » 高度情報システム学科 » 『とやまITフェア2017』に行ってきました。

学科トピックス

『とやまITフェア2017』に行ってきました。

2017.11.07

11月1日(水)富山国際会議場で開催された『とやまITフェア2017』に

高度情報システム学科(4年制)の1・3年生と、情報システム学科(2年制)の1年生、インターネットビジネス学科(システム運用コース/2年制)の1年生と教員の総勢44名が参加しました。

 

DSCN1976.JPG

 

最新技術や情報、製品の集まるフェアに参加することで、今後の就職への意識づけや業界理解を促し、学生の意欲向上を図ることを目的としています。


学校での学びも大切ですが、学外に出て、最新のITの知識と技術を知ることはもちろん、人・モノからの刺激をもらい「気付く」こと、そして経験(キャリア)として次に生かすことも大切です。

 

 

はじめに、「世界初のロボットホテル」としてギネス認定されたテクノロジーの先端を走るハウステンボスの最高技術顧問である株式会社hapi-robo st 代表取締役社長 富田 直美氏の基調講演に参加しました。

テーマは「AI、ロボット、IOTを社会に生かす」~人がより幸せになるような未来を創る会社の使命とは~
ハウステンボスにおけるロボットの立役者でもあり、米国企業11社の経営をしてきた富田氏の豊富な経験を元にした戦略立案において大切なことやビジネス成功に求められる条件、また、ロボット社会の可能性と人と地球に優しいこれからのビジネスについての講演を聞きました。

 

リクルートセッションでは、IT業界で活躍している若手の先輩社員から学生達に向けて、自身のIT企業での体験を伺い、また、企業の人事担当者から就職活動のノウハウやアドバイスをいただきました。
学生達は熱心に聞き入り、積極的に質問をしていました。

DSCN1980.JPG

DSC02469.JPG

 

学生の感想として以下のコメントがありました。

「富山県のIT企業をたくさん知ることができ、今後の企業研究に生かせると思った。」

「リクルートセッションでは、人事担当者の話をもっと聞きたかった。」

 

産学連携で研究されている未来的技術や、富山県のIT系企業の業務内容、先輩からのアドバイスを受け、就職への意識がまた一歩強くなり、密度の濃い校外研修となりました。

 

 

 
富山情報ビジネス専門学校
資料請求はこちら


また、
個別相談会・学校説明会は随時行なっています。
ぜひ、ご参加ください。

⇒お申込みはこちら

© 2013 Bit All Rights Reserved.