ホーム » 学科トピックス » 高度情報システム学科 » 卒業生2名の入社式の写真が届きました!(株式会社日本プレースメントセンター)

学科トピックス

卒業生2名の入社式の写真が届きました!(株式会社日本プレースメントセンター)

2017.06.05

株式会社日本プレースメントセンターから、昨年卒業した2名の入社式の写真が届きました。

 

金岡さん 写真.JPG 高倉くん 写真.JPG

 インターネットビジネス学科運用コース 卒業 金岡 聖人さん(不二越工業高等学校出身)左写真

 インターネットビジネス学科運用コース 卒業 高倉 拓巳さん(高岡龍谷高等学校出身)右写真

 

卒業生2名は入社式を皮切りに、社会人の第1歩として、これから歩んでいくことでしょう。写真から見える凛々しい姿は社会人としての意識が芽生えた証だと思われます。

 

2名が入社した株式会社日本プレースメントセンターは、株式会社共立メンテンスのグループの一員として設立し、IT分野に特化したアウトソーシングサービス事業を展開。主に大手金融機関などのシステム運用業務に携わっている企業です。


システム運用業務とは、大きくわけて2種類の仕事があります。

1つ目は、システム運用に関する仕事です。ハードウェアの状態の把握や、ソフトウェアの不具合の対応、システムの改善、ファイル管理、アプリケーションの設定などを行い、安定してシステムが動作するよう運用していきます。

2つ目は、業務運用に関する仕事です。システムの業務に関する部分のみを運用します。具体的には、新規データの登録、いらなくなったデータの削除、障害が発生していないかなどの監視を行います。

近年ではこのようにシステムを運用できる人材の需要が高まっています。

 

富山情報ビジネス専門学校では、SOR(システムオペレーションルーム)という教室があり、実践的にシステム運用業務を学ぶことが出来ます。


 DSCN7856.JPG


 

システム運用業務として、確かな知識、実践的な業務が学べるからこそ日本プレースメントセンターに就職が出来たのですね。

 

この他にも、もっと富山情報ビジネス専門学校を知りたい人はオープンキャンパスに参加しませんか?

 

7月29日(土)オープンキャンパス開催

オープンキャンパスの申込はこちら

© 2013 Bit All Rights Reserved.