ホーム » 学科トピックス » 医療事務学科 » 【診療情報管理士専攻学科】 診療情報管理士認定試験9名が合格!

学科トピックス

【診療情報管理士専攻学科】 診療情報管理士認定試験9名が合格!

2017.04.01

shinryou.jpg

 

 

写真左:高長 瑞希(富山県立富山東高等学校出身)
      就職先:富山県立中央病院(富山県)http://www.tch.pref.toyama.jp/
      

写真中央: 細川 久瑠実(富山県立高岡商業高等学校出身)
       就職先:福井大学医学部付属病院(福井県)http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/     

写真右:岩崎 彩織(富山県立高岡商業高等学校出身)
      就職先:東邦大学医療センター大森病院(東京都)http://www.omori.med.toho-u.ac.jp/
       

診療情報管理士認定試験に9の学生が合格しました。
3月24日(木)に学科の教員から合格通知を受け取り、数日後に就職先である東京、福井など県外に出発するこの3月の卒業生のうち3名に話を聞いてみました。


診療情報管理士になるため、富山情報ビジネス専門学校に入学し、医療事務学科(2年制)+診療情報管理士専攻学科(1年制)で学びを深めてきた3名。診療情報管理士専攻学科での学びは、見たことも聞いたこともない医学用語や専門用語、疾病、病気の分類等、覚えることが非常に多く、曖昧ではなく、確実に理解しなければ
をもらえないこの試験の厳しさ、難しさを身を以って感じていました。3名いれば、3名それぞれの勉強法があり、勉強のペースがあり、暗記方法があり・・・・。各人、工夫しながら「確実に覚える」術を見つけ、専門知識を自分のモノとしていました。


4月から診療情報管理士として県内外の総合病院に勤務する3名。
この3名以外の合格者。そして、この1年間「診療情報管理士」になるために、共に学び、共に成長してきた仲間の存在。これら
富山情報ビジネス専門学校での学びと成長を糧に、専門人材として、また日本の担い手として活躍していくことを期待しています。


 


4月1日(土)、慣れない土地での新社会人スタート。
富山情報ビジネス専門学校の卒業生が、就職先として首都圏等の県外を選ぶ人が年々増えています。頑張れば、頑張った分だけ、自身の可能性は広がりますし活躍のシーンが広がります。

3月11日(土)に、富山情報ビジネス専門学校を卒業した情報系学科、幼児教育学科、ホテル・ブライダル学科、医療事務学科、診療情報管理士専攻学科
、日本語学科のみなさんは、今、この時をどのように感じ、迎えているのでしょうか。 ぜひ、富山情報ビジネス専門学校で学んだことの自信と誇りをもって、これからも学び続ける姿勢を大切に、人の役に立てる人になってほしいです。同じ社会人、一緒に頑張りましょう♪

© 2013 Bit All Rights Reserved.