ホーム » 学科トピックス » 医療事務学科 » 【内定報告】診療情報管理士専攻学科 福井大学医学部附属病院様に内定

学科トピックス

【内定報告】診療情報管理士専攻学科 福井大学医学部附属病院様に内定

2016.12.20

細川さん.png

診療情報管理士専攻学科

細川 久瑠実 さん(富山県立高岡商業高等学校出身)

 

Q. Bitに入学したきっかけは?>

自分が入院した経験から、医療事務の仕事にやりがいや魅力を感じていました。県内で医療事務の勉強ができる学校を探してオープンキャンパスに行きました。Bitでは、医科、歯科、調剤、介護4つの資格をとることができたので入学を決めました。また在学中に、先生や先輩から診療情報管理士の仕事について教えていただく機会が多くあって、ますます医療が発展していく中で、必要不可欠な仕事になると思い、診療情報管理士専攻への進学を決めました。

 

Q. BITで自分が成長できたと感じたことは?> 

礼儀作法、接遇、マナーです。日常生活や、面接の時、目上の方と接する時にとても役に立っていると感じます。

また資格取得に向けてたくさん努力しました。4つの医療事務資格、ドクターズクラーク、秘書検定準1級と、多くの資格と取得することができました。検定が多かったので計画的に勉強を進めることができました。1番力を入れたのが医科の検定です。医科を取得し、基礎的なカルテを見られるようになってからは、残りの歯科、調剤、介護はとても楽に感じました。しかし診療情報管理士の勉強は、医学知識も必要になりとても難しいですが、自分が本当に医療スタッフになるのだと実感しています。

 

Q. 内定先を受験した理由は?>

最初は県内志望でしたが、県内に自分の希望する求人がなく、迷っていた時先生に勧められたのが福井大学医学部付属病院でした。高度な医療を提供する大学病院で、自分の力を試したいと思い、受験することを決めました。福井県はとても住みやすい土地ということもあり、両親も賛成してくれました。社会人1年生で自立するきっかけになると思い、挑戦してみようと思いました。

 

Q. 内定をいただいた時の気持ちは?>

とても嬉しかったです。両親も応援してくれていたので、良い結果を報告出来て本当に良かったです。

 

Q. 就職活動はいかがでしたか?>

 最初は県内に希望する求人がなくて大変な思いをしました。でも県内だけで良い求人を待つのではなく、県外も含め広く求人を探して、早めに積極的に活動していくべきだと感じました。

試験では、他の受験者を見た時ドキっとしましたが、面接練習をたくさんした分自信があったので緊張もしませんでした。練習の方が緊張していたと思います。友達や、両親にも面接練習をしてもらっていました。

 

Q. 今後の抱負をお聞かせください>

診療情報管理の試験に合格することが1番です。入社後は今まで学んだことを発揮し、日々成長していきたいです。その分難しいことも多くでてくると思いますが、就職してからもステップアップできるように頑張っていきたいです。



© 2013 Bit All Rights Reserved.