ホーム » 学科トピックス » 診療情報管理士専攻学科 » 【内定報告】診療情報管理士専攻学科 帝京大学医学部附属病院様に内定

学科トピックス

【内定報告】診療情報管理士専攻学科 帝京大学医学部附属病院様に内定

2016.12.20

図1.png

診療情報管理士専攻学科

浜藤 星さん (富山県立泊高等学校出身)



Q. Bitに入学したきっかけは?>

5回中4回オープンキャンパスに参加し、自分の将来の夢を叶えられるのはBitだと思い入学を決めました。その時から診療情報管理士のことを少し聞いていたので、勉強したいと思っていました。実際に学んでいくうちに、管理士の仕事が情報社会における医療の質向上に大いに貢献している職業だと知りました。医療と情報の知識を兼ね備え、病院の経営に役立つ専門職に就きたいと考え、診療情報管理士専攻学科を目指しました。

 

Q. Bitで自分が成長できたと感じたことは?> 

礼儀作法、接遇、マナーです。社会人として必要な基礎的なマナーを学ぶことができました。勉強するまでは、全く何もわからないところからのスタートでした。今まで間違った敬語を使っていたことにも気づくことができました。また、自分が正しい礼儀作法を身に付けることができたおかげで、周りの人の作法も気になるようになりました。そういうことに気づけるようになったことで自分自身の成長を感じられます。

 

Q. 内定先を受験した理由は?>

先生に勧められたのがきっかけでした。大学病院は先進医療や、高度な医療を提供しているので、働いていくうえで日々勉強になると思いました。また家族や周りの人に守られている環境ではなく、一人になることで自分を見つめ直すことができると思い、就職を機に踏み込んだことのない地で生活を始めることが自立につながると思ったからです。

 

Q. 内定をいただいた時の気持ちは?>

郵便を開けた瞬間、ほんとに?と思いました。信じられなかったです。

内定をいただいたからには、ここがゴールではなく資格取得に向けて頑張らなければと思いました。

 

Q. 就職活動はいかがでしたか?>

選考試験を受けに、何度か東京に行って連泊したりすることもありました。大変でしたが、こんなに自分の将来を考えることも今までなかったのでとても有意義でした。

帝京大学は1回目の面接試験だったのですが、先生や友達と何度も練習していたので、本番は緊張しませんでした。

 

Q. 今後の抱負をお聞かせください>

診療情報管理士の試験まであと2ヵ月しかないので見通しを立てて計画的に勉強し、必ず合格したいと思います。

大学病院は研究機関でもあるので、特定疾患や難病に関わることのできるチャンスだと思います。管理士として経営や医療の質向上を考え、病院の基盤づくりのお手伝いができるように頑張ります。

© 2013 Bit All Rights Reserved.