ホーム » 学科トピックス » 高度情報システム学科 » 高度情報システム学科1・3年/情報システム学科1年 国内研修旅行

学科トピックス

高度情報システム学科1・3年/情報システム学科1年 国内研修旅行

2016.10.27

 

10月20日(木)、21日(金)の2日間、高度情報システム学科1、3年生と情報システム学科1年生が国内研修旅行に行ってきました。研修1日目は、富士通テクノロジーホール(神奈川県)を見学し、コンピュータの歴史・最新情報などの説明を聞きました。

j102.jpg



ビッグデータについて説明があり「健康」「美容」「エネルギー」「位置情報」等の大量の情報を集め、スーパーコンピュータで解析し、より質の高い情報を提供していくことができることを知りました。

 

j12.jpg

 


また、電車シミュレーションがあり、実際体験することもできました。

 

j13.jpg

j21.jpg 

j15.jpg
  


研修1日目の最後に富士通川崎工場前で記念撮影を行いました。

 

j16.jpg



研修2日目は、株式会社UEIを見学しました。

 

j18.jpg

 【株式会社UEIの概要】

授業でプログラミング演習・モバイル演習でモバイル対応のゲームを作成する際にenchant.jsというゲームエンジンを利用している。UEIはenchant.jsを開発した会社である。スマホアプリやゲームVR、ネットワークコンテンツなど幅広く手がけているが、現在は、それらを子会社へ移し、本社では特に人工知能に力をいれている。  

 

j19.jpg



代表取締役兼CEO 清水亮氏 講演を聴きました。
講演中も学生たちは、積極的に質問し、清水CEOからは、学生の質問に丁寧に答えていただきました。
 
最後に、清水社長といっしょに記念撮影しました。

j20.jpg



研修後、学生からは、
・スーパーコンピュータを使って様々なシミュレーションが研究などの手助けしていることに感心した。
・富士通が50年以上前に作った世界最古の動くリレー計算機を今も継続して後世に残すためにメンテナンスを欠かさず行い、40年後まで動くようにメンテナンスをする予定であることに感動した。
・ITの分野はとても多岐にわたって活用されており、その中で自分のしたいことするべきことを選ぶことが大切である。今後の自分が何をしなければならないか方向性が見えてきた。
・これからの就職活動のためにもとても有意義なものになった。
・人工知能は、将来必ず関わることになると思うのでとても興味深かった。
 感想がありました。

また、班別行動では、秋葉原やスカイツリーなどを見学し、それぞれに東京らしさを楽しみました。
この国内研修旅行で貴重な経験・体験を通してIT業界に興味を持ちこれからの学習や就職活動に生かしてくれるでしょう。

 


 

IT業界は、常に進化しています。
インターネットを介して欲しいものが購入できたり、音楽を鑑賞できたり、気になる本が読めたり等、新たなサービスやビジネスがうまれ、私たちの生活はとても便利で快適になっています。今後ますますIT技術は進化し、また利用者もどんどん拡大していくことが予想されます。


そのような中で、高度情報システム学科と情報システム学科、そして、デジタルメディア学科、インターネットビジネス学科では、この進化に対応できるよう、年1回県外での校外研修を実施し、新しい技術やモノに触れ、刺激を受け、これからのIT業界に対応するために今、自分には何が必要で、何が足りなくて、だからこれからこうしよう!」という目的をもって授業にのぞむことができます。


学生たちは、その「何か」をちゃんとわかっているので、何事も前向きで真剣に取組むことができるのです。


 

これからのIT業界を見越した専門的かつ実践的な学びができる
富山情報ビジネス専門学校の

 

11月12日(土)のオープンキャンパスに参加しませんか。

お申込みは ⇒ こちら 

当日ご都合が悪く、別の日の個別相談をご希望の方は ⇒ こちら

 



© 2013 Bit All Rights Reserved.