ホーム » 学科トピックス » 日本語学科 » 「卒業制作発表・国際交流会」開催しました。

学科トピックス

「卒業制作発表・国際交流会」開催しました。

2016.01.25

1月22日(金)「卒業制作発表・国際交流会」を開催しました。

これは、日本語学科で日本語や日本の文化を学ぶ留学生が、これまでの学びの成果を展示や発表形式で外部の方へ披露し、また地域の方々と親睦を深めるもので、毎年開催しております。

ベトナムや中国、台湾などの留学生24名が、この日の企画・運営を行いました。

また、当日は射水市国際交流協会員の方や留学生のホームステイ先の方など多くのお客様にご来校いただきました。

DSC_0007.JPG DSC_0025.JPG
DSC_0004.JPG 0122①.JPG
最初に、学生たちは6つのグループに分かれて、テーマを決めて日本語で寸劇やスピーチを行いました。テーマは、「一休さん」や「交通ルール」など様々です。

DSC_0021.JPG DSC_0022.JPG
会場には、学生の書道の作品も展示されていました。この書は、留学生が日本に来て覚えた言葉の中で、一番好きな言葉を書いたそうです。

第二部は、射水市国際交流協会員の方々との交流パーティーです。

DSC_0056.JPG DSC_0080.JPG
0122③.JPG 0122②.JPG
パーティーを通して、学生との親睦を深めることを目的として、グループ対抗の「クイズ大会」や「あっちむいてホイ」などで、会場はとても盛り上がっていました。また、中国で旧暦の1月15日にあたる「元宵節」に食べる、あん入りの団子など日本では珍しい食べ物も出されました。

 

0122④.JPG 0122⑤.JPG
最後は、会場にいる全員で歌を歌いました。

この会場には、国や言語の壁はありません。全員が一つとなっています。

今回の、「卒業制作発表・国際交流会」に向けて、学生たちは冬休み中も登校をして練習や準備を行ってきました。苦労した分、やり遂げたあとの学生たちの表情はとても晴れやかです。

日本語学科の学生は、将来日本の大学・専門学校に進学、あるいは日本の企業に就職するために、日本語を一生懸命勉強しております。在学中に、日本や様々な国の人たちと交流を図ることができ、文化も学ぶことができます。これは、学生にとってとても貴重な体験となることでしょう。

学生の皆さん、お疲れ様でした!

 

富山情報ビジネス専門学校の日本語学科には、通常の日本語学科にはあまりない、日本人学生との「交流授業」を設けています。

日本人学生にとっても、海外の学生と交流を深めることにより、海外の文化や幅広いコミュニケーション能力も身につけることができます。

これが、「世界に求められる人材育成」を目指す、当校ならではの強みの1つです!

 

 

資料請求は、こちら

 

また、学校説明会の開催は1月、2月の土曜日に開催しております。

ぜひ、ご参加下さい。

お申し込みは、こちら

 

© 2013 Bit All Rights Reserved.