ホーム » 学科トピックス » インターネットビジネス学科 » 【内定報告】インターネットビジネス学科システム運用コース 株式会社リンケージ様に内定

学科トピックス

【内定報告】インターネットビジネス学科システム運用コース 株式会社リンケージ様に内定

2015.12.09

山口.png

インターネットビジネス学科システム運用コース2

山口 拓哉さん

(高岡龍谷高等学校出身)



Q. Bitに入学したきっかけは?>

高校の時にパソコン部に入部していました。もともと入部前からパソコンを触るのが好きでしたが、部活動を通して更に自分の力を伸ばしたい、スキルを身に付けたいと思うようになりました。将来はIT関係の企業に就職するという目標もありました。システム運用コースの授業内容は、グループワークが多くあり、コミュニケーションを重視するような内容が多くあったので、どこのIT企業に就職しても通用するような内容だと思い入学を決めました。

またオープンスクールに参加したときの雰囲気も良く、この学科で自分も頑張りたいと思いました。

 

Q. Bitで自分成長できたと感じたことは?> 

ITに関しての知識はもちろんですが、そのほかにコミュニケーション能力が1番磨けたと思います。授業では、グループディスカッションが多くあり、話がうまくなったようにも思います。伝えたいことをしっかりまとめて、どう話せば相手に伝わるのか、逆に相手が何を話したいのか汲み取る力も身に付きました。

 

Q. 内定をいただいた時の気持ちは?>

最初からIT企業しか受けていなかったので、これでIT企業を受けるのは最後にしようと思っていました。最後のチャンスだと思っていました。内定通知を見た瞬間に嬉しくて、弟と一緒に喜びました。

自分のやりたいことはやはりIT関連の仕事だったので、本当にあきらめなくて良かったです。後悔せずに済みました。

 

Q. 就職活動はいかがでしたか?>

1社ずつ採用試験を受けていたので、あまり多くの企業は受けていません。本当にその企業に入りたいという気持ちを持って面接に臨みたかったので、気持ちを入れるために1社ずつ受けていました。今振り返ると、並行してやっていくべきだったとは思います。最終面接で落ちることが多くあり、思いを入れている分、ダメージが大きかったです。次に進むために、まずは会社を見つけてエントリーボタンを押し行動することが大事だと思います。

 

Q. 今後の抱負をお聞かせください>

就職活動を通して、あきらめない気持ちが大事だと思いました。社会人になってくじけそうになっても正面から向き合っていきたいです。いずれは新入社員にも教えていけるようなシステムエンジニアになりたいです。

IT業界はずっと勉強していかなければいけない業界です。技術が新しくなるたびに勉強し、日々努力していきたいです。

好きなこと得意なことで仕事ができることに感謝して頑張っていきたいです。

© 2013 Bit All Rights Reserved.