ホーム » 学科トピックス » 高度情報システム学科 » 【内定報告】高度情報システム学科 株式会社スギノマシン様に内定

学科トピックス

【内定報告】高度情報システム学科 株式会社スギノマシン様に内定

2015.11.02

神代.png


高度情報システム学科4

神代 笙乃さん

星槎国際高等学校 富山学習センター出身



Q. BITで自分が成長できたと感じたことは?> 

専門知識が身に付いただけでなく、人として大きく成長できました。担任の先生と出会って、様々なことに挑戦させてもらいました。

クラス委員長や、学生会長を務めたりしました。

もともと人と話すことは好きでしたが、一方的に話すだけで、相手とコミュニケーション取るということはできていなかったと思います。学科・学校でのイベントを経験して、「知識の向上」「意欲の向上」「コミュニケーション能力の向上」社会人として必要なスキルをバランスよく身に付け、成長することができました。

 

Q. 内定先を受験した理由は?>

富山県で生まれた企業で、なおグローバル展開している企業に行きたいと思っていたからです。

高度情報システム学科で文科省の委託事業の一環として、海外の学生とアプリを共同制作したことがきっかけで、グローバル展開している企業に興味が沸きました。私は実際にインドネシアに訪問しました。言葉の壁がありましたが、笑顔でボディランゲージを使うことで、歩み寄ることができました。そのことがとても嬉しかったです。

また海外の発展がすごくて圧倒されました。若い人たちの力を感じ、自分も海外の人と関わる仕事に就きたいと思うようになりました。

 

Q. 内定をいただいた今の気持ちは?>

嬉しいと同時に、不安な気持ちがあります。自分はまだまだ未熟だと思っています。周りにはとても優秀な方が多いので、自分自身も自信をつけられるよう、今は英語の勉強に励んでいます。

 

Q. 就職活動はいかがでしたか?>

就活ではありのままの自分を出すことを重要視してきました。そのおかげで、自分を受け入れてもらうことができました。就活が特別大変だった印象はないです。活動するうえで、自分が何をしたいのか、ライフプランを就活が始まる前にしっかり考えるようにしました。それを怠ると活動中に迷ってしまうことにもなります。

就活のことでわからないことが出てきたときには、先生や、就職担当の方に、基本的なことからしっかりと教えてもらいました。また面接練習したことが本番とても役に立ちました。

 

Q. 今後の抱負をお聞かせください>

セールスエンジニアとして、営業スキルを磨いていきたいです。営業部門でも、学んできたITの知識も活かしていけたらと思います。4年間で社会人の基本からしっかりと積み上げてきました。「挨拶」・「身だしなみ」・「時間厳守」。社会で通用する人間として、学校で教えていただいたことを実践していきたいです。

将来は、海外で活躍したいです。文科省の事業で一緒に取り組んだ、フィリピンの学生とは今も友達として交流しています。コミュニケーションを通して英語を勉強したりしています。来年には、実際にフィリピンへ訪問します。入社前に、多くのことを吸収してこられたらと思います。


© 2013 Bit All Rights Reserved.