ホーム » 学科トピックス » 診療情報管理士専攻学科 » 「診療情報管理士専攻学科」の学生が、「第41回日本診療情報管理学会学術大会」(岡山県)で発表しました。

学科トピックス

「診療情報管理士専攻学科」の学生が、「第41回日本診療情報管理学会学術大会」(岡山県)で発表しました。

2015.10.06

平成27年度4月に「診療情報管理士専攻学科」がスタートし、約半年が経ちました。

 

診療情報管理士とは、診療録を管理することや、そこに含まれるデータや情報を加工、分析・編集し活用することにより、医療の安全管理、質の向上および病院の経営管理に寄与する専門職業です。
  
「診療情報管理士専攻学科」では、診療情報管理士になることを目標として学習していますが、加えて、同じ分野の専門職が集まる「学会」に参加し、他の研究者の発表や意見をダイレクトに聞いたり、自身の研究結果を多くの人に知ってもらうことを通して「診療情報管理士」の仕事内容の理解を深めています。


今回、9月17日(木)、18日(金)に岡山県の岡山コンベンションセンターで開催された「第41回日本診療情報管理学会学術大会」では、学生セッションの発表にむけ、診療情報管理士専攻学科6名が選抜され、発表準備を進めてきました。

そして学会当日、そのうちの3名が
発表しました。

 

 

第41回日本診療情報管理学会学術大会」

shi02.jpg


 

会    期:2015年9月17日(木)、18日(金)
開  催 地:岡山コンベンションセンター
発表内容:富山診療情報管理研究会にアンケートを実施
         「診療録開示における問題点(アンケート結果から)」

発表者  : 米島千絵(富山県立高岡商業高等学校卒)
学会参加者: 片岸彩(富山県立南砺福野高等学校卒) 
       室谷有三(高崎健康福祉大学卒)
メンバー   : 秋原麻衣(富山県立雄峰高等学校卒)
       大矢恵(富山県立南砺福野高等学校卒)
       高橋麻衣(富山県立滑川高等学校卒) 

   

shi01.jpg

発表前の事前登録の様子です。

shi03.jpg


3人は、発表も終わり、安堵の表情です。
(左から片岸彩さん、米島千絵さん、室谷有三さん)

学生セッションでは41題発表がありました。(発表6分、質疑応答2分) 
堂々と落ち着いて発表し、質疑応答も的確に答えていました。

参加した学生たちは、診療情報管理士が業務をどのように工夫し、発表しているか等、現場関係者の方や同じ分野を学ぶ学生から直接、見聞きすることで多くの刺激を受けているようでした。また、初めての学会参加で、「学会」の雰囲気を知ることができたこと、またそのような大きな舞台で発表できたことを大変喜んでいました。


現在、学生たちは、就職活動と並行して、来年2月の診療情報管理士受験に向け、医療知識(基礎・専門・分類)の勉強、そして、試験対策に取り組んでいます。
学生たちの将来の活躍の場は、県内外に広がっています。「診療情報管理士」試験は、難易度が高いとされていますが、益々高度化する医療現場で働くため、日々の勉強を行っています。



 当日の発表内容  ⇒
   診療録開示における問題点(アンケート結果から).pdf

以下、内容要約。

【目的】
診療情報の開示は、特に診療情報管理体制加算の10項目の中1つに診療情報の提供の必須条件がある。診療記録を扱う診療情報管理士は開示に関わるべき内容や問題点をアンケート調査した結果を報告する。

【結果】
28施設中19施設、回答率68%。
電子カルテを導入している施設は84%管理士が開示を担当しているのは68%、内容は資料のコピー26%と全体の1/4を占める。受付、受渡し、委員会開催、診療料の承認、内容判断の順。担当部署は、診療情報管理士室58%と最も多く、医事課、総務課の順だった。

【考察】
開示担当は診療情報管理士が約70%を占めて実施している。非開示の問題、資料提供時の紙枚数の膨大さ、電子カルテ上では、指定印刷ができない、見ることができるが印刷できない等システム問題等が挙げられた。

【結語】
電子カルテではシステムの向上が望まれる。開示を考える視点から電子カルテの不備な点を診療情報管理がよい提案していくことも大切な業務の1つであると考える。非開示では患者の対面時の気遣いが必要である。診療情報管理士が開示を担当することは診療記録を見る力が必要であり、警察や裁判所の開示関連は法的知識を深める必要がある。




なお、今回、発表した米島千絵さん(写真:中央)は、
先日、金沢医科大学氷見市民病院に内定をいただいております。合わせてご覧ください。

http://www.bit.urayama.ac.jp/school-report/2015/09/post-168.html

© 2013 Bit All Rights Reserved.