ホーム » 学科トピックス » インターネットビジネス学科 » 【内定報告】インターネットビジネス学科システム運用コース 株式会社高志インテック様に内定

学科トピックス

【内定報告】インターネットビジネス学科システム運用コース 株式会社高志インテック様に内定

2015.09.26

図1.png


インターネットビジネス学科システム運用コース2

古守 里江さん

富山県立富山商業高等学校出身


Q. BITに入学したきっかけは?>

高校生の時にインターネットの仕組みについて疑問を抱くようになりました。

それをきっかけにシステム開発や運用業務について調べるようになり、システム運用の仕事に興味を持つようになりました。業務内容を見て、かっこいいなと憧れ、システム運用面から役に立てる仕事に就きたかったので、Bitへ入学を決めました。

 

Q. BITで自分が成長できたと感じたことは?> 

コミュニケーション能力です。昔から人と話すことが本当に苦手でした。授業ではディスカッションや発表などが多くあり、自分の意見を言わなければいけませんでした。経験を積み重ねていくうちに話すということに慣れました。昔のままではここまで、人前で話すことができなかったと思うくらい成長できました。

 

Q. 内定をいただいた時の気持ちは?>

嬉しかったですし、本当に受かって良かったです。自分の中でも本命だったので、もしもダメだった時は県内での就職はあきらめていました。富山県でシステム運用の仕事ができることが本当に1番の希望だったので、嬉しいです。なんとしても受からなければという思いでした。

 

Q. 就職活動はいかがでしたか?>

就活を始めたのが4月に入ってからだったので、周りよりも遅れたと思っていて、自分の中で焦りがありました。3月の就活解禁の時はまだ大丈夫だろうと思っていました。もう少し早く始めていたら、もっと企業の情報が集められたと思います。何社も落ちて、このままで大丈夫かなと心配になることもありました。私は緊張したら頭が真っ白になってしまうので、キャリアセンター内にある、過去の報告書を見て、あらゆる質問に対応できるように準備していました。返答に対しての質問など、聞かれそうなことを想定しながら考えていました。

 

Q. 今後の抱負をお聞かせください>

10月に基本情報技術者試験を受けるので、それに向けて頑張ります。就職してからの自信にしたいので、知識を蓄えるためにも合格したいです。その試験が終わったら、ITILの復習もしたいです。入社後に、ITILファンデーションの上位資格を取得したいと思っています。

好きなことを仕事にできる喜びを感じながら、多くのことを吸収して高志インテックから必要とされる人材を目指して頑張ります。

© 2013 Bit All Rights Reserved.