ホーム » 学科トピックス » 医療事務学科 » 【内定報告】診療情報管理士専攻学科 金沢医科大学氷見市民病院様に内定

学科トピックス

【内定報告】診療情報管理士専攻学科 金沢医科大学氷見市民病院様に内定

2015.09.10

診療情報管理士専攻学科1期生 初内定者
米島.png

診療情報管理士専攻学科1

米島 千絵さん

富山県立高岡商業高等学校出身



Q. BITに入学したきっかけは?>

自分の病院での体験から、元々医療事務の仕事に興味がありBitに入学しました。勉強していく中で、診療情報管理士の人数が足りていないことを知り、この仕事にも興味を持ちました。医療の情報化が進むにつれてどんどん必要になってくる職業だと感じ、自分も診療情報管理士として貢献したいと思い、専攻科に進学しました。また、医療事務の中でも、上の資格を目指したいと思ったからです。

 

Q. BITで自分が成長できたと感じたことは?> 

挑戦しようとする気持ちを持つようになりました。専攻科への進学を決めたのも、1期生としての挑戦だと思います。

Bitの授業ではグループワークが多く、協調性も身に付きました。高校では身に付けることのできなかったものだと思います。

受験した検定は、医療事務の検定をはじめ、全て取得することができました。

私がBitで成長できたのは、全て周りの友達や先生がいたからできたことだと思っています。

 

Q. 内定をいただいた時の気持ちは?>

とても嬉しかったです。理念に共感し、是非働きたいと思っていた病院だったので、これから頑張ろうと思いました。

面接練習を何度も何度も重ね、先生に自信をつけてもらっていたので、不安はなかったです。

 


Q. 今後の抱負をお聞かせください>

診療情報管理士の認定試験がこれからなので、まずは受かることが第一の目標です。2月の試験に向けて頑張ります。

実習経験を通して、管理士の仕事を具体的に理解することができました。自分が想像していた以上に大変な仕事でしたが、しっかりと診療情報管理ができる管理士になりたいです。

917日には、学会発表が岡山県であります。初めての活動で不安もありますが、診療情報管理士専攻学科の第1期生として、恥ずかしくないような発表をしたいと思います。



先日米島さんが元担任の先生のもとへ報告に行ってきました。

その時の様子も合わせてご覧ください!

http://www.bit.urayama.ac.jp/school-report/2015/09/post-169.html

© 2013 Bit All Rights Reserved.