ホーム » 学科トピックス » 医療事務学科 » 診療情報管理士専攻学科 病院見学発表会

学科トピックス

診療情報管理士専攻学科 病院見学発表会

2015.06.15

6月15日(月)診療情報管理士専攻学科の学生による、病院見学発表会を行いました。

039診療.JPG

これは、診療情報管理士専攻学科入学前の冬休みに、新しい学びの基礎学習として実施したもので、学生26名と教員2名が、石川県七尾市にある「恵寿総合病院」へ1日研修に行ってきました。

そして今日は、この研修を通して学んだこと・感じたこと・そして今後の課題などグループ毎に発表を行いました。

IMG_0185.JPG
IMG_0181.JPG
IMG_0199.JPGIMG_0223.JPG

診療情報管理士がいることにより、医師が作成したカルテを点検・監査し、正確な記録を作成することができます。これらは病院の経営や、診療の質の向上などにつながります。診療情報管理士という仕事は、病院にとってなくてはならない専門的かつ魅力的な業務です。

学生たちは、全国でも屈指の最新の施設・設備を見学することにより、診療情報管理士を目指している学生たちにとって、今回の研修はとても有意義で刺激を受けた様子です。

発表の中では、

「受付業務や会計、そして診察の順番なども全て自動化されていて驚いた」

「管理士の活躍がとても多くなっている」

「院内からはデータを取り扱う部門として頼られる存在になっていることで、仕事のやりがいがある」など

改めて学び、更に意欲も高めることができたようです。 

 

また、今日の発表会には、医療事務学科の1,2年生も参加して、先輩たちの発表を聞いていました。

1年生は,入学して2カ月がたち、少しづつ環境にも慣れてきました。今後も資格取得に向けて頑張っていきます。

2年生は、これから人生の分岐点に入ります。医療事務員として就職するのか、それとも病院のエキスパートと呼ばれる診療情報管理士を目指すのか。

このように、1,2年生は今後の自分の将来をイメージしながら、真剣に話を聞き、また積極的に質問も行っておりました。

IMG_0191.JPG 028診療.JPG
今日の発表会には、医療事務学科1,2年生、そして診療情報管理士の学生と、3学年が一堂に集まっての発表会ということもあり、
多くの学生、そして教員に見守られながらの発表でした。
診療情報管理士は、学会や病院内など人前でプレゼンをする機会も多くあります。
学生のうちに、人前での発表に慣れるという事は、とても良い経験になります。
また、1,2年生は憧れの診療情報管理士専攻学科の先輩方の話しを聞くことができ、また先輩たちは後輩の前での発表というプレッシャーを感じながら、お互いが良い緊張感の中、発表会を実施することができました。

富山情報ビジネス専門学校では、7月4日(土)今年度第1回目のオープンスクールを開催します。
ここでは、より詳しく医療事務学科、診療情報管理士専攻学科についてご説明します。
また、医療事務学科では、「白衣でお仕事!調剤事務の魅力って?」というテーマで、体験授業をご用意しております。
医療事務員、診療情報管理士に興味のある方は、ぜひご参加下さい!

皆さまの、ご参加心よりお待ちしております♪

お申し込みはこちら

 

 

 

© 2013 Bit All Rights Reserved.