ホーム » 学科トピックス » 内定報告 » 内定者報告 デジタルメディア学科 松村 早那さん

学科トピックス

内定者報告 デジタルメディア学科 松村 早那さん

2013.11.11

matsumurasan.JPG 

ありのままの自分でいること 

 

松村 早那さん

 

デジタルメディア学科 富山県立富山北部高等学校卒業 

 

■内定先:glic株式会社

 

■職種:Webデザイナー

 

 

 

 

9月も終わりに差し掛かり、どんどん周りが就職を決めていく中、私は自分のしたい「Webデザイナー」の仕事に絞って就職活動を続けていました。

しかし、すでにときは2年後期。学校生活の集大成である卒業制作の取り組みが始まり、このまま就職活動を続けて本当にやりたい仕事は見つかるのかと、不安は大きかったです。

                              

それでも、様々な企業の採用試験を受け、次第に考え方が固まっていく中、いきついたのはやり、「Webデザインの仕事がしたい」という熱意でした。それからは無理に自分を取り繕うことなく、ありのままの自分でいることを心掛け、就職に関しても焦らずじっくりやろうと心に決めました。

ある日、先生の紹介でglic株式会社を知り、企業訪問させていただく機会がありました。どんどん上に行こうとする上昇志向の社長に惹かれ、「この人の下で働きたい」と即座に思いました。それだけではなく、自社でつくられているホームページも魅力的なデザインで、「こんなデザインができたら」と、より胸が高鳴りました。

晴れて内定がいただけた今、妥協せずに活動し良かったと心から思います。諦めずに向き合い続けたからこそ、自分の選択した道には自信があります。

 

 現在は企業先で研修しています。学校を終えてからの短い時間ですが、4月までの本採用までに覚えなければならないことも多く、社内にいる時間は私にとって非常に濃い時間です。まだまだ出来ないことばかりですが、授業で使用した「イラストレーター」や、「フォトショップ」のソフトウェアで学んだ基礎の部分に助けられながら、日々新しい技術や知識を覚え、習得しています。中でも今は、HTMLの基礎を習得することを課題としています。デザイナーとしての今後の目標は、自分だけが満足するデザインではなく、より多くの人が良いと思えるデザインを創り出すことです。 

 

 

インタビュー後、足早に企業へ向かう彼女の後ろ姿は、活き活きとして充実感に満ちていました。

中学生の頃から憧れていた職業への第1歩。キャリア開発支援課は、これからも松村さんの夢を応援し続けます!

 

© 2013 Bit All Rights Reserved.