ホーム » 学科トピックス » 医療事務学科 » 内定者報告 医療事務学科 浦野紗希さん 

学科トピックス

内定者報告 医療事務学科 浦野紗希さん 

2013.08.21

 

urano.JPG   

 

目指すのは心のかよったケア。誰よりも身近でありたい

 

■浦野 紗希 さん 医療事務学科 

 富山県立雄峰高等学校卒業

 

■内定先:医療法人社団 長谷川病院

 

 

 

 

 

■内定した直後の声を聞かせてください

 1年生の時から「この病院に行きたい!」と思っていたので思いきって挑戦して良かったです。

 

■入社してからの目標を教えてください

その場に応じてより適切なコミュニケーションをはかりたいです。配属先が医療秘書ならば先生やスタッフの方々と、事務員ならばスタッフはもとより患者様に対して、心のかよったケアができるよう努めたいです。

 

■学科の勉強で役立ったことは何ですか

1年生のときに行った「患者対応」の授業です。耳の聞こえない人や、車いすを使用している人等、それぞれの患者様に合わせた接遇方法を学びます。筆談やお連れの方に話す等、実際にやってみることで医療現場にて働くイメージが湧きました。

 また、秘書の授業では、社会に出ていく上で不安要素であった敬語や電話の対応力を学ぶことができ、今後に活かしていきたいと思いました。

 

■この学校を通して自分が変わったと感じる経験を教えてください

クラス委員を務めたことです。クラスのみんなのお手本になるべく、今まで以上に学校生活を真面目に取り組むことができました。

授業に関しては、多くの資格を取得したことです。他の資格に挑戦する際にも「この資格もきっと合格できる!」と自分自身を震わせ、精進しました!就職活動を行う上でも強みともなりました。

 

■今後も就職活動を行う方へメッセージをお願いします

思いきってチャレンジしてみることで「やって良かった。」と思える経験は多くありました。今回の採用試験においても、立候補した結果晴れて内定を頂くことができました。みなさんも失敗を恐れず、学校生活の中で多くのことに挑戦してほしいです。


浦野さんおめでとうございます!

目標とする医療秘書をめざして頑張ってください!

クラス委員での活躍が活きると良いですね。


 

© 2013 Bit All Rights Reserved.