ホーム » Bitからのお知らせ » 専門学校で「学び直し」を考えている方へ① (キャリア出願)

Bitからのお知らせ

専門学校で「学び直し」を考えている方へ① (キャリア出願)

2016.11.15

AI、IoT、ロボット等の技術革新により、私たちの生活は目まぐるしく進化、発展し、便利に、
そして快適になっています。

このようのな状況の中、今、みなさんが 「学んでいること」、「働いていること」 将来って考えたことはありますか。


富山情報ビジネス専門学校では、これから進化・発展し続ける社会に対応できる高度専門人材を育成するべく教育を行っており、最近では、社会人として一度、現場を経験した方の「学び直し」や、短大・大学を卒業し、専門的な知識・スキル・技能を身につけるため当校に入学し、さらなる勉強を続ける学生が増えています。

今後、自分の可能性を拡げるための「学び直し」学生を連載でご紹介します。


 

m1.jpg

 

 

【社会人の学び直し File.1】

 

情報システム学科2年生:吉岡宗一郎(23歳/富山県立高岡西高等学校出身)
株式会社高志インテック内定


高校卒業後、父が社長を務める建築板金会社で約2年勤務。
これからの自分の将来を考えた時、 このまま今の仕事を続けてもいいけれど、自分の身の回りでIT需要の高まりを感じるようになり、「IT業界は進化・発展し続け、面白そう!やりがいがありそう!」とITの仕事に興味をもつようになりました。中でも特に、システムエンジニアの仕事に興味をもち、今の年齢からこれから自分の将来を考えた時、「今なら十分間に合う。もう一度、勉強してみよう。」と、再び専門学校で学ぶことを決めました。


富山県内でIT・コンピュータの仕事に就くための知識・スキルを学べる専門学校を探し、そのすべての学校のオープンキャンパスに参加しました。富山情報ビジネス専門学校は、資格取得率が高く、自分が本気で学べる人的・物的環境があると思い、入学を決めました。「モノをつくる」というところでは、建築もエンジニアも同じと思っていましたが、ITのモノづくりは難しく、当初、必至で授業についていっていたことを懐かしく思います。

m2.jpg もともとIT・コンピュータ分野に興味があったことや当校のカリキュラムが基礎からしっかり学べる内容になっていること、また、授業の難易度が高くても、先生方が丁寧にわかるまで説明・解説してくださることから、とても勉強が楽しく、これまでたくさんの「わかった!」「できた!」を会得してきました。結果、目標としていた「基本情報技術者試験」に合格することができました。
 現在は卒業制作のため、年齢の異なるクラスメイトとシステムについて議論したり、プライベートでも遊んだりと、楽しく課題を進めています。将来は、これまで建築の仕事で培った「モノづくり」と、ITの「モノづくり」を融合させ、ITを通して人の役に立てる仕事を追求し、進化し続けたいと思います。

 

 

吉岡さんは、しっかりと自分の将来を見据え、そこに向かうまでの計画をしっかり立て、最終的に、しっかりとその夢を実現しました。建築の仕事で培った「人」の住みやすさ、使いやすさ、快適さ等というキーワードに、ITの「正確」「スピード」「可能性」という要素を加え、吉岡さんにしかできないIoTを実現してくれることを期待しています。(編集後記) 

 


できるだけ早く、少しでも若いタイミングでの「学び直し」の決断が、これからの自分の将来を明るく、大きくしてくれます。一度、自分の将来について、じっくり考えてみませんか。

さらに、雇用期間が2年間あれば「専門実践教育訓練給付制度」の受給対象者となります。

 

 

「専門実践教育訓練給付制度」についての説明は ⇒ こちら

 

 

 12月4日(日)、 個別相談会  を開催します。

・自分の将来の夢はあるが、その夢の実現にむけて、来年4月からの進路が決まっていない人

・今の会社を続けてもいいけれど、あと何十年働く基礎をつくるために、専門学校に入学してもいいかな、と「学び直し」に興味・関心がある人  等


個別相談会に、お気軽にご参加ください。

お申込みは ⇒ こちら 

当日ご都合が悪く、別の日の個別相談をご希望の方は ⇒ こちら

 



© 2013 Bit All Rights Reserved.